SponsoredLink

ウォーキングダイエットも最後は強い意志が必要

ウォーキングでのダイエット。すぐに今日からでも始められる手軽さ、自分に合わせてできる運動ということで、とりあえず挑戦してみた人も多いのでは?だけど、ウォーキングもやはり運動、続かないということもしばしば。


ウォーキングを始めた頃は、自分の余りの体力の無さを思い知らされ、それが悔しくもあり逆に頑張ろうと奮起するものですが、徐々に、今日はちょっとだるい、疲れるから嫌だな、暑いし、寒いし…と弱気になっていく。ウォーキングに挫折する要因は様々です。


頑張って続けても、ダイエットのためだからと無理しすぎてウォーキングで足を痛めてしまったり、雨が降り続けるなど天候に恵まれなかったり。自分の気持ちとは関係なく、ウォーキングを続けることを邪魔する要因も様々。


結局、ウォーキングでのダイエットを志す場合、最後に必要になるのは、本当に絶対に痩せたい!と思う、自分の強い意志。その気持ちがあるからこそ、どんな邪魔が入ろうとウォーキングを頑張って続けていけるし、その結果としてダイエットの効果が現れてくるんですよね。


どんなダイエットも続けることが大事だし、続けることが一番難しい。手軽にトライできるとはいえ、ウォーキングでのダイエットも同じです。ウォーキングでダイエットしようと思うのなら、自分のモチベーションを維持し続けることが、ウォーキングダイエットの成功の秘訣かもしれませんね。

ウォーキングダイエットの一環、ハイキングに行こう♪

ウォーキングにもすっかり慣れ、ダイエットとしての効果が少し緩くなったかも…と思ったら、次のステップとしてハイキングに出掛けましょう!ハイキングコースを歩くのもいいけれど、今は企業や自治体が主催しているハイキングがあります。一人じゃなく大勢で歩いてみるのも楽しいものですよ。


もちろん、コースや距離も初心者向けから上級者用まで様々あります。景色を楽しむハイキング、史跡を見学するハイキングと趣向も様々。日頃のダイエット目的のウォーキングにはない楽しみが、ハイキングには点在しています。


ハイキングの参加者は年配の方がほとんどで、健康のためにハイキングされているようです。元々はダイエット目的で始めたウォーキングからハイキングへ参加することで、目的は違えど普段は知り合えない人と出逢えるというのも、ひとつの楽しみですね。


また、ハイキングは完走するとスタンプ帳がもらえ、はんこやシールを集めていきます。溜まっていくと記念品がもらえるハイキングもあるようです。ただダイエットのためにウォーキングしているだけじゃ、記念品はもらえないですよね(笑)。こうした別の楽しみもありつつ、ダイエット効果も期待できるハイキング、魅力的です♪


ウォーキングに飽きてきたら、是非ともハイキングに参加するのをオススメします。色んなコースがあるので、ウォーキングとは違う楽しみ方をしながらダイエットすることが出来ると思いますよ。

ウォーキングダイエット、最初に気を付けること

ウォーキングでのダイエット、手軽に自分のペースで出来ることもあり、最近ではすっかりメジャーなダイエット法になりましたね。でも、ウォーキング自体初めてという人は、初めのうちは注意が必要です。


まずウォーキングする前には必ず準備体操を。歩くだけとはいえ、運動することに変わりはないのです。普段運動してないならなおのこと。準備体操はきちんとやりましょう。


さて、ウォーキングですが、ダイエットが目的となると最初から気合が入りすぎて、ついつい長時間無理してウォーキングしてしまいがち。それでは足を痛めたり、きつくて続けられなかったりで挫折してしまいます。最初は30分位を目安にコースを決めましょう。


ウォーキングする場所もまずは平地から。理想は土や芝生の上が足への負担も軽くていいのですが、自宅近辺だとほとんどがコンクリートになると思います。足が痛いなと感じたら、無理せず切り上げる勇気も必要。ダイエットのためのウォーキングなのに、身体を痛めてしまったんじゃ、意味無いですからね。


後は、ウォーキング時には十分な水分補給を心がけること。喉が渇いたな、と感じる前に水分を摂るようにしてくださいね。水分をしっかり摂れば、汗もたくさんかけますよ。


ウォーキングでのダイエットは、なんといっても継続することで結果がでるダイエット。ゆっくり焦らず、自分の身体をいたわりながら、続けていけるようにしたいものですね。